はじめに
仕事を知る
キャリアを知る
採用情報

求める人物像

自らの成長を楽しみ、
仲間とともに挑み続ける人の背中を、
覚悟を持って後押しします。
執行役員 人事部 経理部担当津賀 健司

一人ひとりの成長を最大化する
制度の拡充と風土づくり。

人財*は、会社にとって唯一無二の財産です。だからこそ、私たちはその人財を育てていくための環境づくりにも多大な力を注いでいます。特に新入社員たちには、約1か月にわたる集合研修を経て各職場に仮配属された後も、さまざまな成長の機会を用意しています。たとえば仮配属後には、先輩社員が専任の「教育担当者」に就き、新入社員を親身にサポート。通常の営業業務をストップし、指導に全力を注ぎます。また教育担当者のみならず、職場全体で新入社員を育てる風土づくりも進んでいます。
さらに、能力開発プログラムは若手社員ばかりでなく、中堅・ベテランになっても続きます。たとえば、営業パーソンとしてのあるべき姿に近づくための当社独自の能力開発プログラム「Nomura Dynamo College」(ノムラダイナモカレッジ)の運営や、多様な階層別研修の実施。またプロフェッショナルとしての幅広い知識が求められる法人仲介営業において、独自のノウハウをまとめたブックレット「WBS」(ワークブレイクダウンストラクチャー)の配布など、育成制度を拡充。仕事を通じて自らを磨き、成長し続けていこうという強い意欲に応えられるよう、充実した環境整備に継続的に取り組んでいます。

*当社では意識して当て字を使用しています。

判断基準は、お客様の満足。
目の前のお客様のために、何ができるか。

当社の行動規範の一つに、“お客様最優先”、お客様が何を望み、どう感じるかを最優先に迅速で誠実な応対をし、お客様の課題解決に貢献することを挙げています。そして“お客様に満足していただくこと”を、仕事を進める上での価値判断の基準にしています。このことを社員が自分事として取り組むための後押しとして、お客様に回答いただいたアンケートをもとに、お客様満足度の高い社員を表彰する制度を導入しています。これは、社員にとっても栄誉ある賞であり、この賞の獲得を一番の目標にしている社員も数多くいます。
そのため、私たちが求める人物像も、お客様からの満足が起点になります。たとえば、自分の想いを伝えるばかりでなく、お客様の気持ちを汲み取り、ご要望を上手に引き出せる人。そして、「この人に任せたい」と心から信頼していただける人。もちろん営業職である以上、目標とすべき数字があり、厳しさがあることは言うまでもありません。だからこそ、お客様の想いを常に意識しながら、高い目標に向かって楽しみながら挑戦できるマインドも重要です。
すべては、お客様に満足いただくために――。その覚悟を抱いて、前向きにチャレンジを楽しめる人に私たちは出会いたいと思っています。

失敗から学び、突き進んでいく。
そのスピリットを受け継いで欲しい。

「チャレンジを楽しむ」ためには、一体何が必要でしょうか。私は、失敗を恐れずに未体験の領域に一歩を踏み出していく「勇気」だと思います。もちろん仕事ですから、時には失敗もするでしょうし、挫けそうになる時もあるでしょう。しかし、そこで落ち込んでばかりいるのではなく、失敗から学び、前へと突き進んでいくことが大切です。
今振り返ってみれば、私も数多くの失敗をして、その度に壁を乗り越えながら成長してきたように思います。当社に対してお客様が抱くイメージは、先輩社員たちの無数の失敗とそこからのチャレンジが結実した結果と言っても過言ではありません。
だからこそ、これから入社してくる皆さんにもこのスピリットを受け継いでほしいのです。

就職活動は人生においても貴重な機会ですので、ぜひ多くの会社をまわってほしいと思います。私たちに聞いていただければ、当社のことばかりでなく、他社の魅力や強みなどについてもオープンにお話しします。その上で当社に共感し、覚悟を抱いて飛び込んできていただけるならば、私たちも覚悟を持って皆さんの成長を全力で後押しします。