はじめに
仕事を知る
キャリアを知る
採用情報

MESSAGE

新入社員からのメッセージ
Work place appeal

職場の魅力

吉見 直也 流通事業本部 御茶ノ水営業部

配属されて実感したのは、
教育熱心な会社だということ。

野村不動産ソリューションズでは、各事業所に配属されると、教育担当者の先輩が営業の基本を教えてくれます。常に身近にいてくれるため、わからないことがあればすぐに相談できますし、先輩の営業活動を近くで見ることで毎日たくさんのことを吸収できるのです。また、もちろん教育担当者だけでなく、他の先輩や上長も気軽に声をかけてくださり、営業にも同行させてもらえます。また、新入社員が集合して受ける「接客ロールプレイング研修」では、日頃接することのない他店舗の先輩がお客様役となって、フィードバックをくださいます。個性さまざまな先輩たちからの学びが、自分なりの営業スタイルを形づくっていくことにつながると感じています。

吉野 愛望 流通事業本部 町田センター

センター全体で新人を育てていく
温かい空気感。

私が現在所属している町田センターは、野村不動産ソリューションズの中でも成約件数トップクラスの店舗です。活気あふれる雰囲気と、チームワークの良さを強みに、センター一丸となって目標に向かって走っています。さらにそんな環境下で驚いたのは、忙しいにもかかわらず、先輩の誰もが親身になって新人の私をサポートしてくれること。たとえば、現場で学ぶ絶好の機会である先輩の営業への同行も、お願いすると誰もが快く引き受けてくれるため、十人十色の営業スタイルを学ぶことができます。また、接客ロールプレイング研修なども、インストラクターの先輩ばかりでなく、センター長や副センター長が直接教えてくれ、センター全体で新人を育てていこうという温かい空気を感じます。私は、本配属されてすでに2つの契約をいただいていますが、これらの成果も先輩たちのサポートがあったからこそ。早く独り立ちして、センターのメンバーとして貢献していきたいと思っています。

Work place appeal

入社動機

中村 素基 流通事業本部 錦糸町センター

業界トップクラスの『ノムコム』と
デジタルに強いという将来性に注目。

不動産仲介に関心を抱いたのは、不動産を扱うからこその営業プロセスや、営業に求められるものの大きさに面白さを見出したからでした。特に不動産は、お客様の人生において大きな買い物であるため、私たち営業はもちろん、お客様も同じように真剣です。そんなふうに、お客様と一緒になってゴールを目指していくことに、大きなやりがいがあると考えたのです。その中で野村不動産ソリューションズを選んだのは、インターネットに強みがあったから。自社の不動産情報サイト『ノムコム』は業界トップクラスの実績があり、大きな集客力を誇ります。実際、私が入社してこれまで契約いただいた3つの物件は、すべて『ノムコム』をきっかけに出会ったお客様。さらに現在は、こうした強みを活かして、お客様との最終的な商談もインターネット上で完結できる「電子契約」にもトライしています。今後、社会全体でデジタル化が加速していく中で、この強みはさらに発揮されていくと感じています。

新坂 真季 流通事業本部 五反田センター

「私も仲間に加わりたい!」と
印象に残った先輩たちの姿。

学生時代は飲食関係のアルバイトをしていた私。その時にお客様からかけていただいた「ありがとう」のひと言にやりがいを感じたことがきっかけで、就職にあたっては「お客様から感謝される」「社会的に価値のある」という2つの軸で就職活動に取り組みました。そうして最終的に選択したのが野村不動産ソリューションズです。決め手となったのは、インターンシップで出会った先輩社員たちの印象。すぐに私の名前を覚えてくれたり、当社以外の就職活動の相談に乗ってくれたりと、とっても優しくて。それでいて仕事に対してはとても真剣で、社員同士仲がよく楽しんで働いている様子を間近で見て、「私も仲間に加わりたい!」と心から思いました。この印象は、入社した現在も変わることはありません。

Work place appeal

就活アドバイス

小山 尭槻 法人営業本部 金融公共法人部

周りを気にするよりも
素の自分をさらけだすことを大切に!

就職活動ではよくあることですが、ついついまわりの就活生たちが自分よりも優秀に見えてしまいますよね。私も最初はそうでした。周りの視線を気にして他人の真似ばかりするようになってしまい、志望動機も不明瞭なまま応募しては落選するという日々が続いたのです。そこで、一度立ち止まり、まずは自分なりのスタンスをしっかり定めることにしました。面接でも、「この話をしたらどう思われるだろう……」と臆病になるより、積極的に自分をさらけ出すように心がけた結果、少しずつ次につながるようになっていきました。そんな就職活動を経て、素の自分を一番受け止めてくれたように感じたのが、野村不動産ソリューションズです。入社して私が配属されたのは、より高度な対応と幅広い専門知識が求められる法人営業本部。お客様と接する時はもちろん、先輩方から学ぶ時も、就職活動で培った「自分をさらけだす」経験が大いに役立っています。

西山 拓実 パートナー営業本部 パートナー営業二部

とことん考え抜いた先にこそ、
納得できる結果がある。

就職活動で最も重要なのは、「いかに自分が納得して会社を選べるか」だと思っています。しかし、限られた時間の中で、星の数ほどある会社全てを訪問し、自分の目で確かめた上で決断することは不可能と言っても過言ではありません。だからこそ私が重視したのは、「自分がやりたいこと」よりも「自分にできること」を優先すること。なぜなら、「適性」で入社先を選んだ方が、入社後の納得感も大きいと考えたからです。そこで、自分の長所や仕事に関する適性をとことん分析するべく、自己分析ツールを積極的に活用したり、家族や友人からの言葉も参考にしたりしました。最終的には、人事担当者の印象なども総合的に判断し、野村不動産ソリューションズに入社。自分で考え抜いたからこそ、振り返ってみても中身の濃い就職活動だったと思いますし、自分に最適な会社に出会えたと思っています。就職活動は人生の大きな分岐点でもあるので、悔いが残らないように頑張ってください。